撮って診る!! 認知症

撮って診る!!SPECT検査

 
 

早期発見をお手伝い、SPECT(スペクト)検査

 
SPECT(スペクト)検査は、脳の血流状態を画像にして見ることができます。
脳の機能が低下している部分は、脳の血流が低下しています。
 
症状だけでは診断しづらい軽度の認知症でも、脳の血流が低下していることをSPECT(スペクト)検査で見つけられることがあります。
 

SPECTで撮った画像 健康な人

写真  
健康な人では、後帯状回や楔前部および後頭葉などの血流が赤く映し出されます。

SPECTで撮った画像 アルツハイマー型認知症の人

写真  
アルツハイマー型認知症の人では、後帯状回や頭頂葉内側の楔前部などで血流の低下がみられます(○印緑部分)。

SPECTで撮って、画像統計解析をした画像 アルツハイマー型認知症の人

SPECTで撮った画像をコンピューター(画像統計解析)を使って、血流の低下している部分だけがわかるようにしたものです。
写真  
画像統計解析を行うと、血流の低下している部分だけに色がついて見えます。上の画像で血流が低下して緑色にみえた部分が、左の画像の矢印で示した青い部分です。
(脳の各部分の位置、働きについては次ページで説明します)
(画像提供:国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター センター長 松田 博史)
 
 年相応よりも、もの忘れが少し多い状態を、最近では「軽度認知機能障害」と呼んでいます。「軽度認知機能障害」はアルツハイマー型認知症の前ぶれとして現れる症状ともいわれています。
 
 日常生活に特に支障がない程度の「軽度認知機能障害」でも、SPECT検査で脳血流の低下がわかる場合があります。
 また、「軽度認知機能障害」の中で、ある特定の部分に脳血流低下が見られる場合、より高率にアルツハイマー型認知症に進行すると言われています。
 
SPECT検査は認知症の早期発見、早期治療に役立つ検査です
 
お問い合わせ   参考資料   サイトマップ   プライバシーポリシー   サイトのご利用について   富士フイルムRIファーマ株式会社のホームページへ
監修:認知症介護研究・研修東京センター 上席研究員 本間 昭 / メモリークリニックお茶の水 院長 朝田 隆 / 国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター センター長 松田 博史
copyright © 2007 FUJIFILM RI Pharma Co.,Ltd. All rights reserved.