撮って診る!! 認知症

これだけは知っておきたい認知症

 
 

どんなことでお困りですか?

 
 気になっている症状、受診しようと思った理由、生活習慣や健康状態などについて、詳しく話しましょう。その患者さんによって本来得意なこと、苦手なことが違います。「以前と比べて・・・」気になることはなんですか?
 
 認知症を診断するには、もの忘れなどによって普段の生活にどのような支障があるのか、それはいつからで、きっかけがあったのか、また、生活スタイルや職業、現在の状況が以前とどのように変わったか、などを具体的に医師に伝えることが大切です。
 
また、以前かかった病気、現在使っている薬などはすぐにわかりますか?
 
受診する前に、メモしておくと便利です。
 
メモ
 
印刷用ウインドウを開く
認知症とは? 気になる症状ありますか? 受診しましょう 認知症と診断されたら 認知症を予防しよう
 
お問い合わせ   参考資料   サイトマップ   プライバシーポリシー   サイトのご利用について   富士フイルムRIファーマ株式会社のホームページへ
監修:認知症介護研究・研修東京センター 上席研究員 本間 昭 / メモリークリニックお茶の水 院長 朝田 隆 / 国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター センター長 松田 博史
copyright © 2007 FUJIFILM RI Pharma Co.,Ltd. All rights reserved.