撮って診る!! 認知症

撮って診る!!SPECT検査

 
 

認知症におけるSPECT(スペクト)画像

 

脳血流と認知症

 
 
 脳の機能が低下すると、血流が低下します。SPECT検査は、血流が低下しているか、また、どの部分の血流が低下しているかを調べることができます。
  症状だけではわかりづらい早期でも、症状と併せてSPECT画像を見ることにより、認知症かどうかがわかることがあります。
 
 認知症で最も多いのはアルツハイマー型認知症ですが、脳血管性認知症レビー小体型認知症前頭側頭型認知症(FTD)の4つが認知症の4大原因です。
(くわしくは「これだけは知っておきたい認知症」をご覧下さい)
認知症の原因により、異常が現れる部分に違いが見られます。
 
図
 
<どんな働きをしているところ?>
海馬 … 主に記憶を作るところです。特に新しい記憶に関係があります。
後帯状回 … 空間認知(どこにいるのかわからない)や記憶などに関係があります。
頭頂葉 … 言語による表現、行動、空間認知(どこにいるのかわからない)などに関係があります。
楔前部(せつぜんぶ) … 記憶などに関係があります。
前頭葉 … 行動をおこすこと(運動・意思など)に関係があります。
 
 
お問い合わせ   参考資料   サイトマップ   プライバシーポリシー   サイトのご利用について   富士フイルムRIファーマ株式会社のホームページへ
監修:認知症介護研究・研修東京センター センター長  本間 昭 / 筑波大学臨床医学系精神神経科教授 朝田 隆 / 国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター センター長 松田 博史
copyright © 2007 FUJIFILM RI Pharma Co.,Ltd. All rights reserved.