撮って診る!! 認知症

これだけは知っておきたい認知症

 
 

認知症ってどんな病気ですか?

 

脳血管性認知症

 
 
 脳の血管が詰まったり(脳梗塞)、破れたり(脳出血)して、その周辺の脳の機能が障害されて起こる認知症です。
 
[症状(脳血管障害を起こした脳の場所や発作の回数・障害の程度によって異なります)]
認知症の症状
・記憶障害はかなりひどいのに、計算力、判断力、理解力などは相対的によく保たれている
・穏やかだった人が怒りっぽくなるイラスト(人格が変わったようになる)
・気力がなくなる

その他の症状
・尿失禁
・言語障害
・嚥下障害
・手足の麻痺
脳血管障害の原因としては、脳梗塞、血栓症、脳塞栓症、脳出血、くも膜下出血などがあります。
これらの疾患の危険因子としては、運動不足、肥満、塩分過多、多量の飲酒、喫煙などの生活習慣、高血圧症、高脂血症、糖尿病や心疾患などがあります。
 
症状が日によって激しく変化することもあります。
脳血管性認知症の大半は軽度の脳梗塞が多発して発症するといわれています。その場合、認知機能の低下は徐々にではなく、発作を起こすごとに階段状に進行していきます。
認知症とは? 気になる症状ありますか? 受診しましょう 認知症と診断されたら 認知症を予防しよう
 
お問い合わせ   参考資料   サイトマップ   プライバシーポリシー   サイトのご利用について   富士フイルムRIファーマ株式会社のホームページへ
監修:認知症介護研究・研修東京センター 上席研究員 本間 昭 / メモリークリニックお茶の水 院長 朝田 隆 / 国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター センター長 松田 博史
copyright © 2007 FUJIFILM RI Pharma Co.,Ltd. All rights reserved.