撮って診る!! 認知症

撮って診る!!SPECT検査

 
 

認知症におけるSPECT(スペクト)画像

 

SPECT検査で認知症の進行状態がわかる

 
 
 解析した画像をみると、認知症の進行状態がわかります。症状が重くなるほど脳の血流が低下し範囲も広がるため、解析画像で見ると色のついた部分が多くなり色も明るくなっていることがわかります。
 
アルツハイマー型認知症の場合:画像統計解析
※赤い部分は、より血流が低下している部分です。
(画像提供:国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター センター長 松田 博史)
 
お問い合わせ   参考資料   サイトマップ   プライバシーポリシー   サイトのご利用について   富士フイルムRIファーマ株式会社のホームページへ
監修:認知症介護研究・研修東京センター 上席研究員 本間 昭 / メモリークリニックお茶の水 院長 朝田 隆 / 国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター センター長 松田 博史
copyright © 2007 FUJIFILM RI Pharma Co.,Ltd. All rights reserved.