撮って診る!! 認知症

これだけは知っておきたい認知症

 
 

認知症ってどんな病気ですか?

 

レビー小体型認知症

 
 
 レビー小体型認知症とは脳の内部に異常なたんぱく質(レビー小体)が蓄積して神経細胞が障害されて起こる認知症です。
 
[症状(初期の段階では以下のすべての症状があらわれるわけではありません)]
イラスト認知症状
・「白い服の人がついてくる」などといったはっきりした幻視
・被害妄想
・抑うつ症状

パーキンソン病と似た症状
・手足が震える
・身体の動きが遅くなる
・歩幅が小さくなる
治療にも一般的にパーキンソン病の治療薬が使われます。
レビー小体型認知症の患者さんは、向精神薬の投与により副作用があらわれやすい方がいます。
 
その日によって症状の変動が激しく、症状が大きく変わることも特徴の一つです。
認知症とは? 気になる症状ありますか? 受診しましょう 認知症と診断されたら 認知症を予防しよう
 
お問い合わせ   参考資料   サイトマップ   プライバシーポリシー   サイトのご利用について   富士フイルムRIファーマ株式会社のホームページへ
監修:認知症介護研究・研修東京センター 上席研究員 本間 昭 / メモリークリニックお茶の水 院長 朝田 隆 / 国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター センター長 松田 博史
copyright © 2007 FUJIFILM RI Pharma Co.,Ltd. All rights reserved.