撮って診る!! 認知症

これだけは知っておきたい認知症

 
 

認知症ってどんな病気ですか?

 

アルツハイマー型認知症

 
 
 アルツハイマー型認知症は、脳の神経細胞と神経細胞の間にシミのような老人斑(アミロイド斑)ができたりして、脳が萎縮します。
 新しいことを覚える機能を障害されることが多いので、出来事自体を忘れてしまい、日常生活に支障をきたします。
 
[症状(初期の段階では以下のすべての症状があらわれるわけではありません。また、初期の段階では、比較的古い記憶は保たれています)]
記憶障害
・最近のことを思い出せない
・ものを置き忘れる
・同じ質問を何度もする

見当識障害
・話のなかで間違った言葉を使っても、自分では気づかない
・支離滅裂なことをいう
・場所の判断がつかない
・時間の認識ができない
これらの症状はアルツハイマー型認知症では重症になると必ずみられる症状なので、中心的な症状、あるいは中核症状といいます。
これに対して中心的な症状が原因で起こる症状、たとえば徘徊する、怒りっぽくなる、もの取られ妄想があるなど、患者さんによって発症したりしなかったり、個人差のある症状を周辺症状といいます。
認知症とは? 気になる症状ありますか? 受診しましょう 認知症と診断されたら 認知症を予防しよう
 
お問い合わせ   参考資料   サイトマップ   プライバシーポリシー   サイトのご利用について   富士フイルムRIファーマ株式会社のホームページへ
監修:認知症介護研究・研修東京センター 上席研究員 本間 昭 / メモリークリニックお茶の水 院長 朝田 隆 / 国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター センター長 松田 博史
copyright © 2007 FUJIFILM RI Pharma Co.,Ltd. All rights reserved.